マーケティング研究倶楽部 -鹿児島市

メニュー

実践しながら「売れる」を模索するゆるい俱楽部。だけど結構まじめに試行錯誤中。

ホームページは複数の時代

2019-12-03

ホームページは、扱う商品、ジャンルが複数に渡り、1つの商品がさらに枝分かれしている場合など
カテゴリわけよりも、商品1つに特化したホームページを複数持った方が効果がでる可能性が高いです。

例えばですが
●八百屋yaoya.comーカテゴリ(キャベツ・ピーマン・大根・・・)

ではなく
●八百屋
キャベツ kyabetu.yaoya.com(青森のキャベツ、秋田のキャベツ・・・)
ピーマン piman.yaoya.com
大根   daikon.yaoya.com

という具合に、1つに特化させた作り。

ホームページが難しい場合は、ブログなどでも。
とはいえ、無料ホームページ制作サイトでの作成はSEOが弱いため、複数持ってもあまり意味を成しませんが。

例えば私も複数ホームページを持っておりますが、
1つのホームページで重要キーワード(テーマ)は1つ設定しております。
そして、それぞれのホームページからのお問い合わせの客層は違います。

1つ目のホームページからは、一般のお客様、
もう1つのホームページからは、企業様からのお問い合わせ。

ホームページは作って終わりではないため
複数持つとその分、管理も大変になりますが
ふと思ったことを記載してみました。