マーケティング研究倶楽部 -鹿児島市

メニュー

実践しながら「売れる」を模索するゆるい俱楽部。だけど結構まじめに試行錯誤中。

ホームページについて

ホームページは複数の時代

2019-12-03

ホームページは、扱う商品、ジャンルが複数に渡り、1つの商品がさらに枝分かれしている場合など
カテゴリわけよりも、商品1つに特化したホームページを複数持った方が効果がでる可能性が高いです。

例えばですが
●八百屋yaoya.comーカテゴリ(キャベツ・ピーマン・大根・・・)

ではなく
●八百屋
キャベツ kyabetu.yaoya.com(青森のキャベツ、秋田のキャベツ・・・)
ピーマン piman.yaoya.com
大根   daikon.yaoya.com

という具合に、1つに特化させた作り。

ホームページが難しい場合は、ブログなどでも。
とはいえ、無料ホームページ制作サイトでの作成はSEOが弱いため、複数持ってもあまり意味を成しませんが。

例えば私も複数ホームページを持っておりますが、
1つのホームページで重要キーワード(テーマ)は1つ設定しております。
そして、それぞれのホームページからのお問い合わせの客層は違います。

1つ目のホームページからは、一般のお客様、
もう1つのホームページからは、企業様からのお問い合わせ。

ホームページは作って終わりではないため
複数持つとその分、管理も大変になりますが
ふと思ったことを記載してみました。

ホームページは”絶大”ではないが、絶対あった方がいい。

2019-10-16

ホームページは、特に鹿児島では
まだ持っていない方も多いみたいなのですが
ホームページの効果は絶大ではないけれど、
絶対にあった方がいいツールです。

断言できます!

今やだれもが、まずネットで検索します。
ホームページが無いだけで、ビジネスの土台から大きく外れてしまいます。

もちろん、ホームページがあるからといって
どんどこバンバンジャンじゃん注文が入ったり、依頼が舞い込むわけではありません。

ホームページは作っておしまいではなく
作ってからが勝負なためです。
記事を更新したり追加したりして、育てていかなければなりません。

効果がすぐに目に見えて現れるものではないけれど
じっくりじわじわと効果を発揮してきます。

繰り返しますが、ホームページは作っておしまいではなく
作ってからが始まりです。

営業の苦手な私が、今日(こんにち)、いろいろなお客様、企業様とお付き合いさせていただいているきっかけは
すべてホームページです。

ほんとに便利な世の中です。

ホームページが難しい人は、無料ブログなどを開設してみることです。
何もネットで発信しないよりはずっとチャンスに恵まれます。

商売を考えている方、既にされている方で、ネット発信を何もされていない方は
ぜひ一歩、踏み出してみてください。

ごちゃごちゃした昔ながらのホームページでも

2019-05-13

6年ほど前に制作した、昔ながらの3カラムのホームページを使用している店主がいます。
しかも、少々HTMLや画像加工の知識があるため、ご自身でカスタマイズをかけ
制作した当初の面影はほとんどなくなり
現在は、かな~~りごちゃごちゃしたホームページになっております。

いく度かスマホにも対応させたレスポンシブデザインへのリニューアルを考えたこともあるそうなのですが
なにせコストがかかります。

・・・で、一見、ハウルの城のように、付け足しつけたしで構築されたホームページは
ポジティブに申しますと
駄菓子屋さんのように、
何がどこに隠されているのかわからないワクワク感を伴ったデザインになっています。

・・・・で!

それがここ最近 功をなしているのです!

ごちゃごちゃしているから
訪れたお客様が(たぶん興味深々で)隅々まで閲覧されているようなのです。(グーグルアナリティクス/アクセス解析)

・・・・で!

ご注文が増えてきているのです。

ホームページを見て、直接訪れたあるお客様はこのように言ったそうです。
「かなりふざけたホームページだから、よほど商品には自信があるんだろうと思いました。」
と購入していったそうです。

確かに店主の焙煎したコーヒー豆は最高です。

最高なのにふざけたごちゃごちゃしたホームページからはそれが伝わらないと
残念に思っていましたが、
伝わっていたんですね~~~!!!!!

ということで、
ホームページは一概に、綺麗でお洒落なホームページが売り上げをあげるわけでないということを実感しました。
新しい発見でした!

PS・・・・とはいえ、グーグルがレスポンシブを推奨している以上は、
いつの日か対応しなければ、ペナルティをかけられる恐れもあるのですが;